ツバメの巣は40代の方に一番オススメです。

お肌を中から変えるEGFとFGF

肌の表面(表皮)に働きかけ、ターンオーバーを回復させるEGF作用と、内側(真皮)からコラーゲンでふっくら押し上げるFGF作用。

ツバメの巣にはこの2つの美肌成分が含まれており、肌の内外からのダブルアプローチで相乗効果をもたらします。

ダメージを受けた古い肌は自然と剥がれ、弾力と透明感のある新しいお肌へ生まれ変わります。

特に40代からはコラーゲンと共に肌に弾力を与えるエラスチンの減少が加加速するので、ツバメの巣で補ってあげるのが必要になります。

他にも、高血圧や動脈硬化など血管の弾力不足によるトラブルも増えがちなので不可欠な成分です。

新しい肌へと生まれ変わるサイクルは通常約28日ですが、30代〜40代になると新陳代謝が低下し、約45日かかることもあります。

肌の表皮(EGF)と肌の奥の真皮(FGF)で働く2つのエイジングケアでハリと弾力、透明感のある若々しい肌になりましょう。

40台でつばめの巣を飲むポイント

EGFは肌表面で細胞を生まれ変わらせtターンオーバーを促進

FGFはコラーゲンを作る繊維芽細胞に働きかけ、内側からハリをアップ

この2つが掛け合うことでスピーディーに美肌へ導きます。

FGFはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の3つの美肌成分の分泌量増加させます。

ツバメの巣はこんな人にオススメ

※エイジング

  • いつまでも若々しくいたい
  • 仕事が忙しく疲れやすい

※美肌

  • シミ、シワ、たるみなどの肌老化が気になる
  • 10年前のふっくら感を取り戻したい

※美髪

  • 根本から弾むようなハリが欲しい
  • 白髪を元から減らしたい

ツバメの巣とコラーゲンとどう違うの?

コラーゲンそのもの(を含む食品)を食べても、肌内部のコラーゲン量は補う程度しか増えません。

その点ツバメの巣のFGF作用は真皮の中にある「弾力を高める細胞」から活性化して、内側よりわき上がるようなハリ感が期待できます。

エイジング対策は自信を持つための武器です。

ツバメの巣はEGF(上皮細胞成長因子)作用とFGF(繊維芽細胞成長因子)作用の2つを兼ね備え、肌の内外からシワやくすみにアプローチします。

EGFは、火傷による皮膚移植や角膜切開による傷の回復促進などの目的に医療の分野でも幅広く使用されて、かつては1グラム当たり8000万円もするほど高価な成分として扱われていました、それが含まれるツバメの巣はエイジング対策にもオススメになります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする