ツバメの巣は自然治癒力を最大限引き出してくれます。

体調が悪い時、疲れてる時、病気の時は栄養をとって休息するというのが、昔から言い伝えられてていることです。

栄養とって休息するということが自然注力を引き出して病気を治す最大のポイントと言われています。

人の体は寝ている間にいろんなことをしています。

食物の消化吸収はもちろん、細胞に溜まった老廃物の除去、傷ついたところがあればその修復、古くなった細胞の分解と新しい細胞の再生、成長ホルモンの分泌による細胞の増殖、睡眠の質へのアプローチなど様々なことが自然治癒力を使って行っています。

ツバメの巣は夜に食べれば、寝ている間に細胞を修復し、気持ちの良い目覚めを迎えられます。

ツバメの巣はお薬ではないので、朝、昼、夜、いつ食べても大丈夫です。

ただツバメの巣を食べるお勧めのタイミングは、空腹時に食べる事です。

リアラーサのツバメの巣は、薬品で洗浄・漂白をしたり、見た目を良くするための色や香りをつけたり、添加物を加えることなどは一切していません。

また、水分が少なく中身が多く見えるよう、安定剤やヒアルロン酸なども増量されていません。

貴重な栄養分をぎゅっと濃いまま、自然のまま入っているので効果が抜群です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする